国が推進!ジェネリック薬品 | EDでお悩みの方へ、シアリスでの治療を考えてみませんか?
大きさの違う薬

国が推進!ジェネリック薬品

バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬はジェネリック医薬品として販売されています。
そもそも、ジェネリック医薬品とは何なのか。
ジェネリック医薬品とは予め完成されているお薬を大きさや量とともに日本人向けに加工され、安心して飲んでいただけるお薬として、販売されているお薬のことです。
値段も元々のお薬の値段より安くされており、通販サイトなどで比較的誰でも手に入れやすいようになっています。
何故、安く提供出来るのかには理由があります。
新薬を一から新しく作るのは莫大な時間と人とお金が動き、その費用は数億円以上といわれています。その時間とお金をかけたお薬はそれだけ高額な商品になってしまいます。
しかし、ジェネリック医薬品は薬を作るのではなく、その完成されたお薬を加工するので値段も極端に高額な値段にならないのです。
加工したからといって薬そのものが持つ効果が弱まることはありません。元々の効能を維持したまま低価格で患者さんにお薬を提供することが可能なのです。
このジェネリック医薬品は国が推進しているものであり、このジェネリック医薬品を取り扱った薬品会社もたくさんあります。
薬は非常に高価なものという認識はこのジェネリック医薬品のおかげでなくなっていくことでしょう。

現在、シアリスのジェネリック医薬品は海外で取り扱われていますが、日本国内ではまだ認可が認められていません。そのため、病院でシアリスのジェネリックを処方してもらうことが出来ません。
ただ、個人輸入代行サービスと呼ばれる、個人輸入を代行してくれる業者を利用すれば、日本にいながら海外のシアリスジェネリックを手に入れることができます。
通常1錠2000円近くするシアリスが400円前後で購入できます。

賢く個人輸入代行サービスを利用して、EDの悩みを克服していきましょう。